障害をオープンにするか?クローズにするか?

障害をオープンにして働くか?クローズにして働くか?

障害をオープンにして働くか?クローズにして働くか?

自分らしい働き方を実現するために、オープンとクローズどちらで働くべきか、選択に悩む方も多いのではないでしょうか。障害をオープンにして就労する場合とクローズにして就労する場合、それぞれにメリット・デメリットがあります。

障害をオープンにした働き方

障害者手帳を提示して説明をすることで、障害者雇用として就労できます。

✅ メリット

  • ・仕事内容を考慮してもらえる
  • ・通院のための休みが取りやすい
  • ・理解されている安心感
  • ・障害者に対する支援制度を利用できる
  • ・職場への定着が高まる

✅ デメリット

  • ・一般の求人に比べて障害者雇用の求人数が少ない
  • ・業種や職種の選択肢が限られる

障害をクローズにした働き方

障害者手帳の提示、障害についての開示をしないで、一般の労働者と変わらない条件で就労します。

✅ メリット

  • ・障害者雇用の求人に比べて求人数が多い
  • ・業種や職種の選択肢が広がる

✅ デメリット

  • ・仕事内容について配慮を得られない
  • ・通院のための休みが取りにくい
  • ・障害のことを知られるのではないかという不安感
  • ・障害者に対する支援制度を利用できない
  • ・職場への定着が難しい

選択に迷った時のアドバイスポイント!~相談しやすい環境か?それとも求人の数か?~

障害をオープンにした働き方、クローズにした働き方ではずいぶんと変わってくるため、自分にどのような働き方が合っているのか、どうしたいのかをよく考えながら、進む道を決めていきましょう。

オープンとクローズどちらで働くべきか選択に迷っている方は、名古屋就労支援を行う【ノックス葵】へご相談ください。

若年者を中心に「働く」を応援!

若年者を中心に「働く」を応援!

名古屋の東区にある【ノックス葵】は、若年者を中心に見えない障害とたたかっているあなたの「働く」をサポートします。

事業所内プログラムと職場体験、さらにそれらのふりかえりを繰り返しながら就職に向けてステップアップを図り、長期就労に向けた就職後の支援までが、就労支援の主な流れです。

名古屋で就労支援のことなら【ノックス葵】

社名 就労移行支援事業所 ノックス葵
住所 〒461-0004
愛知県名古屋市東区葵三丁目12番7号 AMS葵3ビル 2F
TEL 052-930-5216(代表)
URL http://www.uni-uniq.com/knocks/